人とはちょっと違うことをやるのがすごく好き。

仕事(主にインフラ系のエンジニア)と家族(主にトイプードル)と趣味(主にバドミントン)について感じたことや、勉強したことなどを自分のメモ&誰かの参考になるかもしれないと思って書きます。

Le Eco MAX2 X829にカスタムROMをいれてみた。

Le Eco MAX2 X829にカスタムROMをいれてみた。

その結果。

 

・cocuo92

度々Google Play開発者サービスのエラー→フォードバック画面のコンボが発生し、ストレスフル。

 

・revolution

 

cocuo92に似たような症状で、かなり頻繁にDomainなんちゃらでエラーが発生してストレスフル。

 

・AOKP

起動後、ホーム画面に遷移しようとするたびにエラー。

まったく使えない。

 

というわけで結局元に戻すことにしました。

LeViewとかはいらないからドロアーにしたいんだけど。

今から元のEUIに戻して、ホームアプリでカスタマイズしてみます。

新しいAndroid端末を決めたよ

Apollo liteをぶっ壊して数日。

とりあえず次の機種を検討する。

同じVernee社のApolloにするか、elephoneのS7にするか、デュアルカメラのある機種にしようか、など色々考えたあげく、これにしました。

 

LeTV LeEco Le Max 2

スナップドラゴン829、4GB RAM、64GB ROM、5.7インチ、WQHD(2560x1440)

このスペックで23000円ぐらい。。。

おサイフケータイだとか、ワンセグ・フルセグだとか、赤外線だとかはないけど、基本スペックだけ見ると日本のAndoroid買えなくなってしまう内容。

 

このブログのタイトルにもあるとおり、他人とはちょっと違うものを持ったりすることに満足感を感じたりする私なのでそもそも日本にない機種っていうだけで血が騒ぐ。

gearbestでDHL便を使って注文したので早ければ今週中には届くはず。

早くもApollo liteをぶっ壊した件

とある日の夜、ワンコがベッドでおしっこした。

慌ててシーツと敷きパッドを洗濯するために外したのだが、その際ベッドに置いていたスマホがシーツに巻き込まれて一緒に洗濯機の中へ入ってしまい、選択終了直前に気付いたのだが時既に遅く、沈黙を保ったままの状態になってしまった。

とりあえずSIMを抜いてiphone6sに戻して元の環境に戻す。

まだ買って一か月もしていないのに。。。。悲しい。

復旧方法をネットで探し、とりあえず水洗いしてジップロックシリカゲルと共に放置しています。

iphone6sから中国の新興企業Vernee社のandroidスマフォ「Apollo Lite」に買い替えたわけ

今使っているスマフォはiphone6s。
元々大画面のplusがほしかったが6sを購入したタイミングではplusは品薄ですぐには買えなかった。
当然、待つという選択肢もあったがすぐにほしかったので4.7インチの6sにしてしまった。

それからというものの、やっぱりどこかで「もっと大きい画面がほしい」という気持ちは心のどこかにあった。

かれこれ一年半経ったころ、休日は仕事に関係する勉強のためノートPCをもってカフェへ行くことが多くなり、
ふと「もっと軽くて気軽に持ち運べるノートPCはないだろうか。できればSIMがささるやつ。」と考えた。
日本国内にはそういった機種がいくつかあったが、いずれも高額である。
(ここでいう高額は10万円以上)

お金さえあればそういった選択ができるが、いかんせんそこまでは出せない。
そこでふと「そうだ、今モバイル市場にドンドン参入してきている中国なら何かあるんじゃないか」などと考えた。

希望スペックは
・画面は10インチ以上
・RAMは4GB
・CPU・HDDはたいしてこだわらない(SSHしたりやエディタでプログラム書いたりする程度なので)
・軽い(800g程度ならベスト)
・できればSIMがささるやつ

で、gearbestなどで色々調べたが結果、希望するものは見つからなかった。
クラムシェル型のノートPCだったり、タブレット+キーボードの2in1タイプだったりあたったが、この条件をクリアするものはなかった。

・SIMがささるが重さが1.2~3程度だったり(それだったらiphoneテザリングすればいい)
・SIMはささらないが1.1kg程度だったり(今あるPCとの差が200g程度の差だったら今あるPC使う)

なのでノートPCについては諦めた。
が、ノートPCについて調べているうちに色々なスマフォがあることを知った。
で、心の奥にあった「もっと大画面のスマフォ」の気持ちが再燃してしまった。

少し前からxiaomiのスマフォの存在を知り、ちょっと気にはなっていたこともあって本格的に大画面スマフォ探しを始めてしまった。
(今持ってる6sを中古で売ればそこそこの金額になるので差し引きでプラスになることも同時に確認した)

探し出したスマフォの希望スペックは以下。
・画面は5.5インチ以上でFHD(1920*1080)以上
・メモリは3GB以上
・CPUはよくわからないので拘らない(snapdragonがいいらしい、ぐらいしか知らない)
・OTG(USB On-The-Go)対応 ※詳細は後述
・価格は2万ぐらい
・androidOSは最低6、できれば最新の7
・ROMはMicroSD差せば増やせるから32GB程度でOK
・日本の周波数が使えること(※重要※)

で、まずはやっぱり気になっていたxiaomiから探す。
ふむ、redmi note 4とやらがこのスペックを満たすようだ。
約2.2万、悪くない。

決めちゃおうかな、と思ったのだがもう少し探してから決めることにする。
ここからが中国製スマフォの恐ろしいところで、どんどん気になる機種やとんでもないものがでてくる。
次にきたのはelephone s7。
まんまGalaxy S7のぱくり。
スペックはちゃんと比較していないが、価格は少なくとも半分から3分の1程度。
半ばこれに決めかけていたが、色々なサイトでOTG対応を調べると対応・非対応の記述両方あり、判断できず候補から外さざるを得なかった。
さらにはUMI Superだとかよさそうなものがどんどん出てくる中、とうとうこいつに出会ってしまった。
タイトルにある「vernee社のapollo」である。
apollo(非Lite)は2.8万円ほどだが、VRキット付属、2K解像度、4k動画撮影、CPUはX25搭載などととても2万円台とは思えないモンスター的なスペック(だそうだ。相場をよく知らないが)
まぁ、確かに国産というか日本のキャリアやMVNOが扱っている機種のスペックは同じ価格帯なら比べるまでもない差がある。
同性能の機種を日本国内で探せば安くても5~6万するだろう。

最終的にVeranee社にすることは決めた。
あとはapolloにするか、apollo liteにするか、だ。
価格差は1万円。
結局、VRキットが自分に必要か?4k動画撮るのか?・・・などと問答して、答えがどれもNOであるため1.8万円のLiteに決めた。
日本で中国のスマホを購入するときによく利用されているらしいgearbestから注文しようかと思ったのだが、以前から個人輸入する際に利用していた
aliexpressでも売っており、しかもaliのほうが少し安かったこともあってaliで注文。(4/14)

同時にamazonでnanoSIM→MicroSIM変換アダプタを購入。
apollo liteは nanoSIM*1、microSIM*1の2slotだがnanosimはmicrosdと兼用。iphone6sで使っているSIMはnanoサイズなのでこのままではどちらかしか使えないためSIMをMicroに変更しないといけない)
だが、私が使っているDTI SIMにサイズ変更を依頼すると3000円程度かかってしまう。
そこでとった方法がアダプタによるサイズ変更。

とりあえずこれでapollo liteを迎える準備はできたのであとは2~3週間ほどして到着するのを待つだけとなった。
aliexpressの業者もverneeのofficail online shopから購入したので不安はない。
(業者評価も高評価)

いくつかのレビューサイトやamazonの評価を見たところ、ふいに再起動したり(iphoneでもあったけどね)充電できなくなったりといった問題も
散見することがちょっとだけ不安の種。
到着が楽しみである。